V-USB

AVR-USBが、V-USBに進化してました。
全然ついていけてない。。。
ドキュメンテーションWiki

vusb.jpg


My Project

vusb-20090415


2009/07/07:

再び、[[ATmega168]]で挑戦してみるも、なぜだか Linuxでうまく認証しない。。。Windowsでは、いけてるのに。。。
ちなみに、20MHzでも、12MHzでも、駄目。(CLOCKは、v-usbでサポートしてくれてる。(^_^)/ ラッキー!

2009/07/07夕:

Linuxでも、いけた。
なんだか、認証のタイミングがずれるようになった。
なにが、おこってるんや。。。
やっぱり、バラックはアカンなー。ちゃんといけたら、半田付けしとかんとねー。
また明日、ロジアナに頼ってみよう。

2009/07/07夜:

やっぱ、ねばってしまった。
単に、GNDが不安定なだけだったようだ。
やっぱし、ちゃんと、半田付けしなー。
また明日。
実験してから、半田付けすべし。

2009/07/08:

ありあわせの部品だけで作ったのがネックになっているのか、Dラインの電圧が高すぎる様子。
もうひとつ電源部にダイオードを入れて、電圧を落とすと安定して認識するようになった。
説明どおりだと、レギュレータか、ツェナーダイオードを使用するようになっているけど、
無かったの。。。

2009/07/14:

まずまず、実験終了。
めちゃめちゃ早いわけではない(ロースピード)が、そこそこ使えそう。
LCDのやりとりをしてみたが、問題なく使用できる。
HIDを使用するとWindowsでも、Linuxでもドライバを用意せずに使用できるのも魅力。
センサーデータの取得や、AVRへのコマンド指示程度なら使用できそう。
around

写真は、YM1602Cと、ATmega168を使用したテスト回路。
500msec単位で画面リフレッシュして時計表示。画面表示データの取得実験もOK。

2009/07/22:

vusbtest_sch.jpg

とりあえずのテスト回路の回路図。
ありあわせの部品で作成。抵抗とかも違うし、ダイオードも1個。でも動いた。
D+/D-の電圧に留意。ネゴに失敗するなら、この辺か。駄目ならダイオード追加して、もう少し電圧を落とすと良いかも。

ハードウェア設定覚書

usbconfig.h

ここで、USBのデータ通信に使用するポートを設定する。

/* ---------------------------- Hardware Config ---------------------------- */
#define USB_CFG_IOPORTNAME      D
/* This is the port where the USB bus is connected. When you configure it to
 * "B", the registers PORTB, PINB and DDRB will be used.
 * ポートの指定。
 */
#define USB_CFG_DMINUS_BIT      2
/* This is the bit number in USB_CFG_IOPORT where the USB D- line is connected.
 * This may be any bit in the port.
 * D-に使用するピン番号の指定。
 */
#define USB_CFG_DPLUS_BIT       3
/* This is the bit number in USB_CFG_IOPORT where the USB D+ line is connected.
 * This may be any bit in the port. Please note that D+ must also be connected
 * to interrupt pin INT0! [You can also use other interrupts, see section
 * "Optional MCU Description" below, or you can connect D- to the interrupt, as
 * it is required if you use the USB_COUNT_SOF feature. If you use D- for the
 * interrupt, the USB interrupt will also be triggered at Start-Of-Frame
 * markers every millisecond.]
 * D+に使用するピン番号の指定。割込みINTピンじゃないとダメみたい。
 */

AVR-USB

AVR-USB is a software-only implementation of a low-speed USB device for Atmel's AVR microcontrollers.
AVR-USB直結プロジェクト。
AVR単体で、USB周辺機器になろーというプロジェクト。
いろいろサンプルプロジェクトもあって、楽しそうです。

avrusb.gif

AVR-USBホーム

LCD-USB

USBでLCDを使った簡単なものがあったので、簡単に実現できるのか、実験してみる。 実験に使ったソース

AT90S2313P を TINY2313に変更し、他は設定どおりにリビルド。
回路を簡易的に用意し、実験。
難なく接続OK。

LCD-USB.jpg

ドライバインストール(新しいハードウェアの検出ウィザード)画面も表示された。 感動…。
クロックを16MHz、20MHzに変えてみようとしたが、駄目。
12MHz専用の模様。
ソース見て、クロックアップにチャレンジか。


USB覚書


FrontPage

Counter: 3054, today: 1, yesterday: 0

添付ファイル: filevusbtest_sch.jpg 281件 [詳細] filevusb_test.jpg 106件 [詳細] filevusb.jpg 105件 [詳細] fileLCD-USB.jpg 81件 [詳細] fileavrusb.gif 93件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-09-24 (木) 11:25:56 (3246d)